忍者ブログ
<<   2017   09   >>
 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30 
20 September 2017            [PR]  |   |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

当方インターネット環境としてWiMAX(NEC WM3500R + クレードル)を利用している。
パソコン関係のケーブル削減を目的としてApple Time Capsule 3TBを導入したがちょっと設定変更することで高速(100Mbps以上)にNASアクセスが可能だ。
インターネットで検索するとWiMAXとの接続は「ワイヤレスネットワークの拡張」でよいとあるが当方環境では動作はするがあまりにもTime Capsuleへのアクセス速度が遅い(10Mbps程度)ためあきらめた。

0.はじめに以下環境を前提とする。
 インターネット/WiMAX(NEC WM3500R + クレードル) IPアドレス 192.168.0.254
   
 Apple Time Capsule(WiMAXとの接続は専用クレードルから有線LANとする。無線LANでもよいかもしれないが当方環境ではうまく稼動しなかった) IPアドレス 192.168.0.253 ※Time Capsuleは初期設定は一度は完了していること。
  
 接続したい機器(パソコンやタブレットなど。ここは無線でも有線LANのどちらでもOK)

20120107_wimax_timecapsule_network.png












1.WM3500Rは専用クレードルに接続する。
2.専用クレードルから有線LANをTime Capsule側のWANに接続する。
3.AirMacユーティリティからTime Capsuleのワイヤレスのモードは「ワイヤレスネットワークの拡張」ではなく「ワイヤレスネットワークを作成」を選択する。
 ※ここではAirMacユーティリティはMacOSから操作している想定
4.インターネットのTCP/IPのルータアドレス欄にWiMAXのアドレスを設定する。環境によってはDNSサーバも同様に設定する。

ようするに「Time CapsuleのWANにWiMAXを接続」、「ワイヤレスネットワークを作成」、「ルータアドレスをWiMAXに設定」すればよい。
あとはこれまでWiMAXが接続先だったパソコンなど端末の接続先をTime Capsuleにすることでデータ転送はTime Capsuleの売りである高速アクセスが可能となる。インターネットにはTime Capsule経由でWiMAXにアクセスすることになる。
DHCPについては参考程度だがWiMAXルータおよびTime Capsule両方で有効にしてもインターネットアクセスは出来た。
 

PR
Name

Title

Mailadress

URL

Font Color
Normal   White
Comment

Password


<<   HOME    30  29  28  27  26  25  24  23  22  21  20   >>
忍者ブログ/[PR]

Template by coconuts